好きなもの目録 その214 マッチョ・ドラゴン

ゴールデンウィークに
NHK-FM『今日は一日“戦後歌謡”三昧』
をチョロッとだけ聴いたんすが、
『ラジオ深夜便』の拡大版って感じだったかな。

私はサイケやプログレだけではなく、
昭和歌謡も聴きます。
平成以降のJ-POPとかはほとんど聴かないけど……。

私が聴いたことのある好きな昭和の邦楽ベスト10は、
『お祭りマンボ - 美空 ひばり / 原 六朗』
『ゴジラのテーマ (SF交響ファンタジー第1番) - 伊福部 昭』
『上を向いて歩こう - 坂本 九 / 永 六輔 / 中村 八大』
『だまって俺について来い - ハナ肇とクレージーキャッツ (植木 等) / 青島 幸男 / 萩原 哲晶』
『長編歌謡浪曲 元禄名槍譜 俵星玄蕃 - 三波 春夫 / 長津 義司』
『ヨイトマケの唄 - 美輪 明宏 (丸山 明宏)』
『帰って来たヨッパライ - ザ・フォーク・クルセダーズ』
『ゲゲゲの鬼太郎 - 熊倉 一雄 / 水木 しげる / いずみ たく』
『卒業写真 - 荒井 由実 (松任谷 由実)』
『テクノポリス - イエロー・マジック・オーケストラ』
※発表年順。主に昭和20年代後半から昭和50年代頃(1950年代後半から1970年代頃)。
――かな。知名度が高いモノを選びました。
個人的には、荒井由実より中島みゆきの方が好きなんですが、
時代(流行)や影響力を考慮すると荒井由実かな。
『元禄名槍譜 俵星玄蕃』や『ヨイトマケの唄』は、
ほとんどロック・オペラかプログレ!

んで昭和歌謡の鬼子(異端児)というか奇跡(天然)というか最終兵器、
聴いた人全ての頬が自然と緩む名曲(迷曲)
藤波辰巳の「マッチョ・ドラゴン」を目録に。


標題:お前、音痴だろ!? 飛龍脱力固め

分類:音楽>邦楽>アウトサイダーミュージック

■題名:
マッチョ・ドラゴン
ドラゴン体操

名前:藤波 辰巳 (藤波 辰爾)

職業:プロレスラー

発表年:1985年

製作国:日本

評価:不能

■雑記:
「マッチョ・ドラゴン」はコミックソング(珍曲)?として、その世界では有名で、
『コサキンDEワァオ!』のコサキンソング、
『山下達郎のサンデー・ソングブック』の珍盤奇盤などなど、
様々な媒体で紹介されているので知っている人が多いでしょう。
明石家さんまの「大都会」「魅せられて」みたいに、
わざと?音痴(下手)に歌っているわけではなく、
「老人と子供のポルカ - 左卜全とひまわりキティーズ」みたいに
狙っておかしな歌い方の人に歌わせているわけでもなく、
本人(藤波辰巳)は至って真面目に歌っている。
音程はそんなに外していないと思うんだけど、声質と歌い方がどこか変。
海外では、
フローレンス・フォスター・ジェンキンスとか、
映画になるくらい有名な音痴の歌手がいるけど、
それに日本で匹敵するのは藤波辰巳! うそ

私が子供の頃の長野って、民放(NHK以外のテレビ局)が二つしかなかったんですよ。
なもんでプロレス番組が深夜に放送されていたんすが(全日本プロレスの録画放送)
子供なんで観れなくて、少し経って民放が増えて、
新日本プロレスのテレビ生中継が観れるようになって、
アントニオ猪木とかハルク・ホーガンとかに熱狂したっす。
学校のクラスではプロレスごっこが男子に流行ってたし。
当時の私には、長州力の方がキャラが立っていて印象が強く、
藤波辰巳は優等生で印象が薄い感じでしたが、
「マッチョ・ドラゴン」で立場は逆転しました。


ドラゴン探検隊の仲間には入りたくない……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック