好きなもの目録 その216 トム・ニューマン

プログレに嵌って、CDを買い集め始めてから一、二年経って、
キング・クリムゾン、イエス、ELPなどの主要アルバムはだいたい手に入れ、
ソフト・マシーン、アトール、PFMなどに触手を伸ばしていたんすが、
(「好きなもの目録 その210 ピンク・フロイドの狂気」にも書いたんすが、
ピンク・フロイドは先輩からCDを借りて聴いたけど、その時は嵌れず。
先行して紙ジャケになった『炎 ~あなたがここにいてほしい』と、
中古で買った『対』くらいしか持ってなかった)
どーせCDを買うのならプラケより紙ジャケの方が良い。と
紙ジャケで発売されるモノを優先して購入してたっす。
まわりにプログレに詳しい人がいるわけでもなく、
どのアルバムやバンド(アーティスト)が良いのか
右も左もわからない状態だったので
『ヤング・パーソンズ・ガイド・トゥ・プログレッシヴ・ロック』や
『レコード・コレクターズ』とかの雑誌なんかを参考にして、
次は、このバンドのアルバムを買おう。と決めていたっす。
そんな中、
「ストレンジ・デイズ・プレゼンツ・ブリティッシュ・ロック・レジェンド・シリーズ
《第1回:ロック・ファンタジー・パート1》」
ってのが紙ジャケで発売されるってんで、とりあえず全部買ったんすよ。
ジェントル・ジャイアントの『オクトパス』とムーディー・ブルースの『童夢』は、
プラケのをすでに持ってたんすがダブリで買って、
メロウ・キャンドルの『抱擁の歌』は
『――ガイド・トゥ・プログレッシヴ・ロック』に載ってたので欲しかったんすが、
それ以外は、どんな曲(内容)なのかまったくわからない(情報も無い)まま手に入れました。
どれも(ジェントル・ジャイアントとムーディー・ブルース以外)傑作・名作ってほどじゃないけど、
秀作・佳作って感じで良いアルバムなんすが、
他にアクの強い(インパクトがある)プログレのアルバムも並行して聴いていたので、
凄く嵌るってほどじゃなかったんですが、そのラインナップの中に
トム・ニューマンの『妖精交響曲』もあったんですよ。

トム・ニューマンは『チューブラー・ベルズ』のエンジニアとして知られていることもあり、
『妖精交響曲』は、初期マイク・オールドフィールド系音楽で
ファンタジー世界を緻密に表現している良作。
よくは聴かないけど久しぶりに聴くと良いアルバムだなぁ~。と再認識します。
トム・ニューマンはエンジニア(裏方)になる前に、
ジュライってバンドでサイケもやっていたので、
トム・ニューマンを目録に。


標題:スーパー・サイケデリック・フェアリー・シンフォニー

分類:音楽>洋楽>ロック>サイケ>サイケポップ

■題名:
JULY
スーパー・サイケデリック・ジュライ (スーパー・サイケデリック!)
THE SECOND OF JULY

名前:
JULY
ジュライ

メンバー:
TOM NEWMAN
トム・ニューマン
TONY DUHIG
JON FIELD
ALAN JAMES
CHRIS JACKSON

発表年(録音年):1968年

製作国:イギリス

評価:B ★★★△

■曲目:
『JULY』
『スーパー・サイケデリック・ジュライ』
01. MY CLOWN
_____マイ・クラウン
02. DANDELION SEEDS
_____ダンデライオン・シーズ
03. JOLLY MARY
_____ジョリー・マリー
04. HALLO TO ME
_____ハロー・トゥ・ミー
05. YOU MISSED IT ALL
_____ユー・ミスド・イット・オール
06. THE WAY
_____ザ・ウェイ
07. TO BE FREE
_____トゥ・ビー・フリー
08. MOVE ON SWEET FLOWER
_____ムーヴ・オン・スィート・フラワー
09. CRYING IS FOR WRITERS
_____クライング・イズ・フォー・ライターズ
10. I SEE
_____アイ・シー
11. FRIENDLY MAN
_____フレンドリー・マン
12. A BIRD LIVED
_____生きた鳥

(BONUS TRACK)
13. HALLO WHO'S THERE
_____ハロー・フーズ・ゼア
14. THE WAY (ALTERNATE VERSION)
_____ザ・ウェイ (別ヴァージョン)

『THE SECOND OF JULY』
01. YOU MISSED IT ALL
02. MY CLOWN
03. DANDELION SEEDS
04. THE STAMPING MACHINE
05. (A) BIRD LIVED
06. LOOK AT HER
07. THE WAY
08. FRIENDLY MAN
09. I SEE
10. THE GIRL IN THE CAFE
11. YOU SEE ME, I SEE YOU
12. MAN OUTSIDE
13. MOVE ON SWEET FLOWER
14. HALLO TO ME

■雑記:
ジュライの前身は、THE TOMCATSっていうビート・グループで、
スペイン巡業後に、サイケなジュライに変身?
『スーパー・サイケデリック・ジュライ』は、
(アルチンボルドのパチモンみたいなアルバムジャケットのインパクトもあってか)
イギリスのサイケ(サイケデリック・ポップ)の中では有名なんですが、
曲の出来が玉石混交で、私はあまり好きじゃないかな。
「ザ・ウェイ」とかは凄い良いんだけど……。

『THE SECOND OF JULY』は、『JULY』のデモ音源などのコンピ。
ジュライのその後は、トム・ニューマンが裏方(プロデューサー、エンジニア)に回って、
TONY DUHIG と JON FIELD は JADE WARRIOR へ。
『RESSURECTION』っていう新作もあるみたいっす。


分類:音楽>洋楽>ロック>プログレ / ニューエイジ>トラッド?>ケルト

■題名:
FAERIE SYMPHONY
妖精交響曲

名前:
TOM NEWMAN
トム・ニューマン

ミュージシャン:
JON FIELD


アートワーク:
JIM FITZPATRICK
ジム・フィッツパトリック

発表年:1977年

製作国:イギリス

評価:A ★★★★◎

■曲目:
01. THE WOODS OF
_____森の精
02. FORDIN SEACHRAIN
_____フォーディーン・ショウローン
03. BEAN SI (BANSHEE)
_____妖精
04. LITTLE VOICES OF THE TARANS
_____タランのかすかな声
05. THE FLUTER
_____笛吹き
06. THE SEELIE COURT
_____聖なる妖精
07. THE SPELL BREAKS
_____呪縛が解けて
08. THE FAIRY SONG
_____妖精の詩
09. DANCE OF DAOINE SIDHE
_____ジーナ・シーの踊り
_____ENTRY OF THE FAERIES
_____FAERIE DANCE BAND
10. MEMORIES OF CULCHULAINN
_____カルチュレインの記憶
11. AILLEN MAC MIDNA
_____アイレン・マック・ミドナ
12. THE UNSEELIE COURT (BAD FAERIES)
_____魔物 (デーモン)
13. THE WOODS OF...
_____森の精

■雑記:
トム・ニューマンは、
マイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』『ハージェスト・リッジ』などの
プロデューサーとエンジニアをしているので、
『妖精交響曲』は、初期マイク・オールドフィールドから
ミニマル・ミュージックとギターを薄くした
ケルト音楽系ニューエイジ・ミュージックって感じかな。
美麗な幻想世界を音楽で構築しています。
曲の演奏時間が30分強くらいしかないので、
妖精の国(ニンフィディア)で遊んでいたら、
突然、楡(エルム)の木の下で目覚めたみたいに、あっという間に終わる。

アルバムジャケットのイラスト(絵画?)を手掛けたジム・フィッツパトリックは、
ケルト神話などを題材にしているみたいっすが、
チェ・ゲバラの写真を加工した『英雄的ゲリラ』で有名みたいっす。



山岸凉子の『妖精王』を読む時のBGMに、
(『「妖精王」イメージサウンドトラック - 中村 由利子』は聴いたことないので)
『怪奇骨董音楽箱 - ジェネシス』
『ハージェスト・リッジ / オマドーン - マイク・オールドフィールド』
『真夜中の狂宴 / 女王失格 - グリフォン』
『ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト - スティーヴ・ハケット』
『アーサー王と円卓の騎士達 - リック・ウェイクマン』
『妖精王 - バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト』
『ムーンマッドネス「月夜の幻想曲」 - キャメル』
『神秘の森~ピブロック組曲 - ジェスロ・タル』
『お伽噺 - ルネッサンス』
『ギース・アンド・ザ・ゴースト - アンソニー・フィリップス』
『妖精 - ロカンダ・デッレ・ファーテ』
『妖精ケーソスの森 - ペッカ・ポーヨラ』
『ウォーターマーク - エンヤ』
(※妖精やケルト神話や中世イギリスなどから、私が勝手にイメージしたアルバムです。
ケルト音楽系のニューエイジ・ミュージックとか、ボ・ハンソンとか、
『DOUAR NEVEZ (TERRE NOUVELLE) - DAN AR BRAS』とかも)
――なんかと共に『妖精交響曲』を聴き流したいかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック