好きなもの目録 その233 ルイーズ・フォレスティエの LA DOUCE EMMA

「好きなもの目録」の数を増やすための投げやりなメモです。

ルイーズ・フォレスティエは、カナダのケベックの人みたいなんで、
フランス語で歌ってるんすが、これがシャンソンやフレンチ・ポップスみたいで、
同じロマンス語のポルトガル語に響きが似ているせいか
ブラジルのガル・コスタやナラ・レオンなんかのトロピカリアにも通じる音楽性。


標題:(保留)

分類:音楽>洋楽>ロック>サイケ

■題名:LA DOUCE EMMA (L. F.)

名前:LOUISE FORESTIER

発表年:1969年

製作国:カナダ (ケベック)

評価:A ★★★★◎

■曲目:
01. LA DOUCE EMMA
02. FROM SANTA TO AMERICA
03. QUAND T'ES PAS LA
04. TRANSLATION
05. J'T'AIME EN MASSE
06. COMMENT COMMENT?
07. LA CANTIC DU TITANIC
08. LE MONT ATHOS

■雑記:
1970年前後(デビュー当時)の CATHERINE RIBEIRO や
BEATRICE TEKIELSKI (MAMA BEA TEKIELSKI)
なんかと雰囲気が似ているかな。


■題名:ROBERT CHARLEBOIS AVEC LOUISE FORESTIER (LINDBERG)

名前:ROBERT CHARLEBOIS & LOUISE FORESTIER (ROBERT CHARLEBOIS ET LOUISE FORESTIER)

発表年:1968年

製作国:カナダ (ケベック)

評価:不明

■曲目:
01. CALIFORNIA
02. LA MARCHE DU PRESIDENT
03. LINDBERG
04. CPR BLUES
05. JOE FINGER LEDOUX
06. EGG GENERATION
07. ENGAGEMENT
08. DOLORES
09. LONG FLIGHT

■雑記:
ロベール・シャルルボアは、カナダのケベックのミュージシャン(作曲家)で俳優。
『ROBERT CHARLEBOIS AVEC LOUISE FORESTIER』は、サイケデリック・ロックの影響を受けて
伝統的なケベックの音楽を変革したアルバムらしいっす。
同時代に起こった偶然(フラワー・ムーブメント)なのか、
ガル・コスタがカエターノ・ヴェローゾやジルベルト・ジルなんかとデュエットしたり、
ムタンチス(ヒタ・リーと男性ボーカル)なんかのトロピカリアに似ている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック