好きなもの目録 その228 アスムス・ティーチェンス

ある意味、知る人ぞ知るドイツのスーパーグループと言える
リリエンタール(トラッド、フォークロックの LILIENTHAL じゃなくて、
プログレ、クラウトロックの LILIENTAL の方)っていうユニット?があるんすが、
メンバーが、クラウトロックのプロデューサーやエンジニアで有名なコニー・プランク、
クラスターのメビウス、クラーンのメンバー二人、シタール奏者の OKKO BEKKER、
そして謎のアスムス・ティーチェンス。
このブログを読んでる人で
コニー・プランクとディーター・メビウスを知らない人っていないと思うし(うそ)、
クラーンはドイツのジャズ・ロックで、
OKKO BEKKER は『SITAR & ELECTRONICS』ってアルバムがわりと知られているんすが、
私はアスムス・ティーチェンスについてほとんど何も知らなかったっす。
独エレクトロニクス界の裏番長とか仙人とか黒衣の奇人とか呼ばれる重要人物だったとは……。
世の中、知らない音だらけっす。

アスムス・ティーチェンスの作品を聴くと、
コニー・プランクやメビウスに伍(匹敵)する奇才だとわかるっす。
私が好きなコンラッド・シュニッツラーに通じるような面白い電子音を作っていて、
どちらが真の裏番長か迷うほどなので目録に。


標題:独電子音楽裏番長 アスムス・ティーチェンス

分類:音楽>洋楽>ロック>プログレ / テクノ>クラウトロック / エレクトリック

■題名:NACHTSTUCKE
(EXPRESSIONS ET PERSPECTIVES SONORES INTEMPORELLES)

名前:ASMUS TIETCHENS

発表年:1980年

製作国:フランス (ドイツ)

評価:A ★★★★○

■曲目:
01. ERSTES NACHTSTUCK
02. SIEBEN HARMONIATUREN
03. FALTER-LAMENTO
04. VIERTES NACHTSTUCK
05. INTRADA
06. TREKK
07. LICHTERWALD
08. ULTIMA TUNDRA
09. ZWEITES NACHTSTUCK

■雑記:
フランスの EGG レーベルから出た初ソロ作品。
アスムス・ティーチェンスと共同で、ピーター・バウマンがプロデュースしている。
全体的に、ジメジメした日の当たらない(深海や宇宙空間のような)陰鬱さを感じるかな。


■題名:
BIOTOP
SPAT-EUROPA
IN DIE NACHT
LITIA
DER FUNFTE HIMMEL

名前:ASMUS TIETCHENS

発表年(録音年):
1981年
1982年
1982年
1983年
1980年~1983年

製作国:ドイツ

評価:A ★★★★◎くらい

■曲目:
『BIOTOP』
(省略)

『SPAT-EUROPA』
(省略)

『IN DIE NACHT』
(省略)

『LITIA』
(省略)

『DER FUNFTE HIMMEL』
01. FAST FOOD (※『BIOTOP』)
02. FURURUM DREI (※『BIOTOP』)
03. SOIREE (※『SPAT-EUROPA』)
04. ZUM TEE BEI FRAU HILDE (※『SPAT-EUROPA』)
05. WURGSTOFFE (※『IN DIE NACHT』)
06. NIEDERMACHER (※『IN DIE NACHT』)
07. LEBENDE REGLER (※『IN DIE NACHT』)
08. FLUT (※『LITIA』)
09. HERTZLICHT (※『LITIA』)
10. KREUZE DES SUDENS (※『LITIA』)
11. VOM POL ZUM METROPOL (※『LITIA』)
12. ATOMMACHT INDIEN (※『LITIA』)

■雑記:
SKY RECORDS から出たアルバム。
『DER FUNFTE HIMMEL』は、
『BIOTOP』『SPAT-EUROPA』『IN DIE NACHT』『LITIA』制作時の未発表音源集。
音色とかが、ザ・レジデンツからボーカル部分を抜いたような感じかな……。


分類:音楽>洋楽>エクスペリメンタル>電子音楽

■題名:4K7
MUSIK AUS DER GRAUZONE
MUSIK IM SCHATTEN
MUSIK AN DER GRENZE
MUSIK UNTER TAGE

名前:ASMUS TIETCHENS

発表年:
1981年
1982年
1982年
1983年

製作国:
イギリス (ドイツ)
アメリカ (ドイツ)

評価:A ★★★★☆~A ★★★★★以上

■曲目:
『MUSIK AUS DER GRAUZONE』
01. RESONANZ 1
02. RESONANZ 2
03. NACH UNTEN
04. SYSIPHOS GLIIM
05. UNTER DER STADT 2
06. IN DER EBENE
07. CLONES
08. TROGLODYTEN

『MUSIK IM SCHATTEN』
01. ELEKTRAUMA
02. UNDINE
03. NOSFERATU
04. DU DARFST
05. ELEKTROLAND

『MUSIK AN DER GRENZE』
01. KONSTRUKT 2
02. ELEKTRAUMA 2
03. KULTMUSIK FUR EIN ALTES LANDLE
04. TITANIC

『MUSIK UNTER TAGE』
01. STRENGE KLANGE
02. DAMMERATTACKE
03. GELBER HIMMEL
04. MASCHINE 6B
05. EINER 5

■雑記:
「ELEKTRAUMA 2」は、狂ったクラフトワークって感じ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック