好きなもの目録 その235 JURGEN KARG の ELEKTRONISCHE MYTHEN

八月はブログになんか書く気力がわかないっす。
「好きなもの目録」の数を増やすための投げやりなメモです。

JURGEN KARG はベーシストで、
ウォルフガング・ダウナー(フリー・ジャズのピアニスト)と協演してたらしいんすが、
なぜか電子音楽作品を発表……。

NED LAGIN の『SEASTONES』とかの
モヤモヤと輪郭が定まらない深海の底っぽい音像がなんか好きなんですが、
JURGEN KARG の『ELEKTRONISCHE MYTHEN』も、その系統かな。


標題:(保留)

分類:音楽>実験音楽>エレクトリック / アンビエント

■題名:ELEKTRONISCHE MYTHEN

名前:JURGEN KARG

発表年:1977年

製作国:ドイツ

評価:B ★未確定

■曲目:
01. DIE VERSUNKENE STADT - ATLANTIS
02. VOLLMOND-SELENE

■感想:
静寂の中どこからか無機質な電子音が近づき遠ざかるのが聞こえる。
光の届かない深海で深海生物が不気味に発光しているような、
ホラー映画で闇の中を赤ちゃんのガラガラを持った殺人気が
獲物を求めて蠢くような感じかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック