好きなもの目録 その350 吉田大八の桐島、部活やめるってよ

吉田大八監督の『桐島、部活やめるってよ』は、
青春映画の名作って感じで、観てない人でもタイトルは知っていて、
「ディオ、人間やめるってよ」とか「トランプ、大統領やめないってよ」など
応用して使われるくらい有名だと思うし面倒くさいんで、
詳しい内容などは Wikipedia などを見てください。


標題:吉田大八の桐島、部活やめるってよ

分類:映画>邦画>青春映画

■題名:桐島、部活やめるってよ

監督・脚本:吉田 大八

原作:朝井 リョウ

脚本:喜安 浩平

音楽:近藤 達郎

出演:
東出 昌大
落合 モトキ
浅香 航大
山本 美月
松岡 茉優
清水 くるみ
橋本 愛
神木 隆之介
前野 朋哉
大後 寿々花
藤井 武美
高橋 周平
鈴木 伸之
仲野 太賀
桜井 聖
岩井 秀人
マーク (広田 雅裕)
大鶴 佐助


発表年:2012年

製作国:日本

評価:A ★★★★△~B ★★★★くらい

■雑記:
バレーボール部のキャプテンでエースの桐島が突然部活を辞めることになり、
学校にも姿を見せず、友人や恋人にも連絡を取らない状態に。
スクールカースト上位の中心的存在の消失に周りの人間が右往左往し、
普段接点の無いスクールカースト下位にまで影響を及ぼす。

<主要人物>
菊池宏樹(東出昌大):
スポーツ万能で野球部の幽霊部員。
女子に人気があり何でも出来るが、打ち込めるものが何も無い。
寺島竜汰(落合モトキ):
帰宅部で桐島と宏樹と友弘(浅香航大)の四人でつるんでいる。
チャラ男だが手洗いの後の水滴を恋人にだけはかけない心遣いができる。
東原かすみ(橋本愛):
バドミントン部で、
なんかマニアックなヤツ(『鉄男 - 塚本 晋也』)を観るくらい映画好き?
仲の良い女子グループにも隠しているが、
寺島竜汰と付き合っている。
宮部実果(清水くるみ):
かすみと同じバドミントン部で、亡き姉にコンプレックスを抱いてる。
バレーボール部の風助に共感している。
飯田梨紗(山本美月):
学校トップクラスの美人で桐島の彼女。
桐島にスルーされ激おこぷんぷん丸。
野崎沙奈(松岡茉優):
宏樹の彼女で梨紗と一番仲が良い。夜郎自大ぎみ。
沢島が宏樹のことを好きなのを察知し
ディープキスを沢島に見せつけ自分の彼氏アピール。
沢島亜矢(大後寿々花):
吹奏楽部の部長で宏樹のストーカー。
宏樹を見つめながらサックスの練習をする(意味深)のが至福。うそ
前田涼也(神木隆之介):
映画部で自主制作映画を撮っている映画オタク。
かすみのことが好き。『映画秘宝』の熱心な読者?
武文(前野朋哉):
前田の親友で同じ映画部。
満島ひかりと(夢で)会ったことがある。
「オレが監督だったらあいつら使わないね」とイキってるけど、
橋本愛、山本美月、松岡茉優なら使うだろ。
小泉風助(太賀):
バレーボール部で桐島の代わりにレギュラーになるが実力不足で、
久保孝介(鈴木伸之)から桐島にたいする八つ当たりでしごかれる。

タイトルから主役っぽい桐島は、
『ゴドーを待ちながら』みたいに話題に出るがほとんど登場しない。
(桐島っぽい人物が二場面に登場するだけ。
初めて観た時、屋上から飛び降り自殺したのかと思った)
金曜日から翌週の火曜日までの数日間を、
菊池宏樹、東原かすみ、宮部実果、沢島亜矢、前田涼也、
などの別視点で繰り返す。

『桐島、部活やめるってよ』で、私は山本美月を認識したんすが、
その一軍トップの容姿から、
『少女革命ウテナ』とかが好きな『桐島、――』の映画部みたいな
オタク寄りだとは思わなかったっす。

『桐島、――』の登場人物の誰かに、
高校時代の自分を当てはめることが出来ると思うんすが、
私は高校の時は文化部で途中で辞めて帰宅部だし、
高校で楽しいことが何も無かったので
映画部の連中にもなれない感じだったかな……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント