好きなもの目録 その268 おすすめテレビアニメ 前編

※本文は20000文字以内で入力してください。
って注意が出て記事の投稿が出来ないんで前後編に分けました。

いい大人なんで嵌れるアニメが少なくなって
『あまちゃん』や『半沢直樹』が放送された2013年くらいから
テレビアニメよりテレビドラマの方を視聴するようになって、
熱心にテレビアニメをチェックしなくなったっす。
んで、2018年1月冬ドラマは、野木亜紀子・脚本の
『アンナチュラル』くらいしか楽しみなドラマがなくて、
代わりというか、2018年1月冬アニメをチェックしたら
『宇宙よりも遠い場所』が面白くて、
最近のアニメはどんなのがあるのか知りたくなり、
私の知らない面白いアニメがないかなぁ。と
「おすすめ テレビアニメ」で検索したサイトを参考にしようと見たんすが、
私の好みと合わない、納得できないタイトルばかりでなんか頭に来て、
このブログ(「好きなもの目録」)も、いつ終わるかわからないので、
他人にはあまりおすすめしない私が好きな
(「好きなもの目録」に入るかもしれない)
アニメをメモしとこうかなと思ったっす。
アニメ作品は無数にあるので、映画とOVAは後回しにして、
とりあえず私が好きなおすすめのテレビアニメのタイトルだけを目録に。

世界情勢が急変してるんで、アニメを楽しめるうちに観ときましょう。
まぁ、中高年向けのアニメってほとんどないので、
アニメは感受性豊かな20代くらいまでにして早く卒業した方がいいっすけど……。

私のアニメの評価は辛めに付けているので、
評価:C だからといって評価が低いわけではありません。
好きなテレビアニメは C が多いです。
評価:B 以上は(アニメ)映画やOVAが多いかな。
私の漫画やアニメに対する評価は厳しく、音楽や(実写)映画に対しては甘いので、
漫画やアニメの評価を音楽や映画の評価並にすると一段階上がります。
アニメの評価:B→A、評価:C→B って感じで見てください。
視聴したのが随分昔で記憶が曖昧のモノもあるので評価は適当です。
発表年代順に記述してます。


標題:おすすめしないテレビアニメ

分類:アニメ>テレビ>色々

■題名:ルパン三世

監督・等:大隅 正秋 / 大塚 康生 / 高畑 勲 / 宮崎 駿 / 山下 毅雄

発表年:1971年~1972年

評価:B ★★★◎くらい

■雑記:
私が子供の頃の長野では、夕方(6時)に
『ルパン三世』と『あばれはっちゃく』が繰り返し再放送されていたっす。
『ルパン三世』のTV第1シリーズは(大隅正秋演出の)大人な雰囲気が良い。
チャーリー・コーセイの歌うエンディングテーマが最高!
『ルパン三世』のTV第2シリーズの
「死の翼アルバトロス」「さらば愛しきルパンよ」
は宮崎駿演出で最高なんですが、
子供の頃に観た「さらば愛しきルパンよ」の感想は、
こんなの(今までのTV第2シリーズの)ルパン三世と違う……という違和感。


■題名:マジンガーシリーズ + ゲッターロボシリーズ (永井豪と石川賢原作 + 東映動画作品)

監督・等:森下 圭介 / 小松原 一男 / 渡辺 宙明 / 菊池 俊輔

発表年:1972年~1977年

評価:保留

■雑記:
『マジンガーZ』
『グレートマジンガー』
『UFOロボ グレンダイザー』
『ゲッターロボ』
『ゲッターロボG』
のどれか。子供の頃に観ただけなので記憶にない。


■題名:鳥海永行作品

監督・等:鳥海 永行

発表年:1972年~1975年

評価:保留

■雑記:
『科学忍者隊ガッチャマン』『破裏拳ポリマー』など。
子供の頃に観ただけなので記憶にない。


■題名:宇宙戦艦ヤマト

監督・等:松本 零士 / 石黒 昇 / 岡迫 亘弘 / 宮川 泰

発表年:1974年~1975年

評価:保留

■雑記:
子供の頃に観ただけなのであまり記憶にないけど、
アニメブームと松本零士ブームの先駆けなんで。
劇場版『宇宙戦艦ヤマト』
『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』などがある。


■題名:ガンバの冒険

監督・等:出崎 統 / 椛島 義夫 / 芝山 努 / 小林 七郎 / 山下 毅雄

発表年:1975年

評価:A ★★★★◎くらい

■雑記:
子供の頃に観たノロイの恐さはトラウマになる。
幼少期が1970年代の人は無意識に出崎アニメが刷り込まれている。


■題名:長浜ロマンロボシリーズ

監督・等:長浜 忠夫

発表年:1976年~1979年

評価:保留

■雑記:
『超電磁ロボ コン・バトラーV』
『超電磁マシーン ボルテスV』
『闘将ダイモス』
のどれか。子供の頃に観ただけなので記憶にない。


■題名:未来少年コナン

監督・等:宮崎 駿 / 大塚 康生 / 山本 二三 / 池辺 晋一郎

発表年:1978年

評価:S ★★★★★★

■雑記:
「好きなもの目録 その100 未来少年コナン」
を参照してください。


■題名:宝島

監督・等:出崎 統 / 杉野 昭夫 / 小林 七郎 / 高橋 宏固 / 羽田 健太郎

発表年:1978年~1979年

評価:S ★★★★★△くらい

■雑記:
出崎アニメは過剰な情熱というか、人間存在の肯定感が凄い……。
『立体アニメーション 家なき子』は、
子供の頃はなんか恐くて悲しくてまともに観れなかった。


■題名:赤毛のアン

監督・等:高畑 勲 / 近藤 喜文

発表年:1979年

評価:S ★★★★★☆

■雑記:
宮崎駿が場面設定をやっていた『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』
は当然名作なんですが、
宮崎駿が途中から抜けた『赤毛のアン』が高畑勲作品の最高峰だと思う。
ジブリでの高畑勲作品しか知らない人は、高畑勲の評価が低いかもしれないけど、
『赤毛のアン』を最後まで観たら、こんな完璧な演出家がいるのか……と驚嘆する。
『赤毛のアン』は話数が進むごとに感動が増す。
子供の頃、『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』は観ていたんすが、
『赤毛のアン』は女の子向けって感じで観なかったんすが、
サークルの宮崎駿好きの友人が『赤毛のアン』を異常に高評価していたんで観たら、
最初はアンの不思議ちゃんぶりに惹かれ、後半は涙涙で画面が観れなくなるほどの感動の嵐。


■題名:機動戦士ガンダム

監督・等:富野 由悠季 / 安彦 良和 / 大河原 邦男

発表年:1979年~1980年

評価:S ★★★★★☆くらい

■雑記:
「好きなもの目録 その300 機動戦士ガンダム」
を参照してください。
それまでのロボットアニメを変えたエポックメーキングな作品。
富野由悠季独特の演出と台詞回し、
安彦良和のキャラデザと大河原邦男のメカデザインなど、
今から考えると奇跡的な組み合わせ。
テレビシリーズに新作カットを追加して再編集した劇場版
『機動戦士ガンダム(I 砂の十字架編)』
『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』
『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』
がある。
『機動戦士Ζガンダム』
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
が続編(同じ世界観、富野由悠季のガンダムシリーズ)として観て損はないかな。


■題名:伝説巨神イデオン

監督・等:富野 由悠季 / 湖川 友謙 / すぎやま こういち

発表年:1980年~1981年

評価:S ★★★★★◎くらい

■雑記:
アフロヘアーの主人公(ユウキ・コスモ)と、
イデオンのB級感のする古臭いメカデザインに
当時はなんじゃこりゃ……と思ったもんですが、
慣れると愛おしくなるから不思議。
湖川友謙のバタ臭いキャラデザも
アメリカなど海外のSF(『スタートレック』など)っぽいイメージで私は好き。
テレビシリーズは、彼岸に達する劇場版『伝説巨神イデオン 発動篇』を観るための長い前奏。うそ


■題名:あしたのジョー2

監督・等:出崎 統 / 杉野 昭夫 / 男鹿 和雄 / 高橋 宏固 / 荒木 一郎

発表年:1980年~1981年

評価:S ★★★★★☆くらい

■雑記:
『あしたのジョー(1970年~1971年)』の荒々しい作画もいいんですが、
当時のテレビアニメ最高峰の作画が凄くて出崎統演出も円熟している
『あしたのジョー2』の方が私は大好き!
主題歌や音楽は『あしたのジョー』の方が良いけど……。


■題名:じゃりン子チエ

監督・等:高畑 勲 / 小田部 羊一

発表年:1981年~1983年

評価:A ★★★★☆くらい

■雑記:
漫画原作のアニメって、アニメ化でキャラデザが変わったり、
原作の世界観に合わないオリジナルストーリーがあったりで、
どこか不満を感じるんすが、
漫画原作を忠実に、それでいてただ原作をなぞるだけでなく
アニメの良さも感じる作品って少ないっす。
『じゃりン子チエ』『ぼくパタリロ!』『ハチミツとクローバー』『蟲師』
などが漫画の世界観を忠実にアニメ化していると思うテレビアニメ作品。


■題名:うる星やつら (第1回~第106回)

監督・等:押井 守 / 伊藤 和典 / 高田 明美

発表年:1981年~1984年

評価:保留

■雑記:
押井守のテレビアニメということで選出。
何十年も前に飛び飛びで観てるくらいなので記憶にない。
アニメ『じゃりン子チエ』が漫画原作を忠実にアニメ化しているとすれば、
アニメ『うる星やつら』は、
漫画原作を材料にして押井守が原作とはまた違ったモノに仕上げた感じかな。
当時の私は漫画至上主義だったのでアニメをバカにしていた。
劇場版『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は必見。


■題名:パタリロ! + ぼくパタリロ!

監督・等:西沢 信孝 / 鈴木 欽一郎 / 土田 勇 / 青木 望

発表年:1982年~1983年

評価:A ★★★★○くらい

■雑記:
前番組アニメ『新竹取物語 1000年女王』が終わって、
新番組だというので何の情報もないまま『パタリロ!』を観てビックリ!
今ならジェンダーとかで珍しくないのかもしれないけど、
家族団らんの夜7時に同性愛を前面に出したギャグアニメが放送される日本。
後から原作の漫画を読み、魔夜峰央の独特な画風の忠実なアニメ化だったと知る。
劇場版『パタリロ! スターダスト計画』がある。
私は『スペースコブラ - 出崎 統』が
『パタリロ!』の前番組だと勘違いしていたんすが後番組だったっす。
『じゃりン子チエ』『パタリロ!』『ハチミツとクローバー』『蟲師』
などが漫画の世界観を忠実にアニメ化していると思うテレビアニメ作品。


■題名:戦闘メカ ザブングル

監督・等:富野 由悠季 / 湖川 友謙 / 大河原 邦男

発表年:1982年~1983年

評価:保留

■雑記:
長野では編成の都合なのか
『戦闘メカ ザブングル』『聖戦士ダンバイン』『重戦機エルガイム』などが、
全国放送の土曜夕方5時30分より早い土曜夕方5時に放送されていたんすよ。
一週遅れとかではなく日本で一番早くテレビ放送が観れたんすが、
『ザブングル』の第1話だけ、なぜか金曜夕方5時くらいに放送されて、
それを途中から偶然観たのが『ザブングル』との出会い。
当時の私は漫画至上主義でアニメにそれほど熱中していなかったんすが、
『ザブングル』は、私の大好きな『未来少年コナン』っぽい感じがして、
主人公がブサイクで、主役メカが二機あったり途中で新メカと交代したりと
斬新で好きだったんすが、最終回だけ寝過ごして観れなかったという悲劇が……。
昼寝して起きたら夕方5時30分過ぎていた絶望感……。
富野由悠季アニメは、『ザブングル』に続く『ダンバイン』『エルガイム』くらいまでは
新機軸を打ち出していて興味を持ったんすが、
期待していた『機動戦士Ζガンダム』は本放送時の途中で挫折して、
久しぶりにリアルタイムで観た『∀ガンダム』も本放送時の途中で挫折して、
『OVERMANキングゲイナー』を観るまでは富野由悠季は終わったと思ってったっす。


■題名:超時空要塞マクロス

監督・等:石黒 昇 / 美樹本 晴彦 / 宮武 一貴 / 河森 正治 / 羽田 健太郎

発表年:1982年~1983年

評価:保留

■雑記:
SF・ロボットアニメでは『ガンダム』や『エヴァ』ほどではないけど
アニメ好き(オタク)を中心に人気があった。
アイドルの歌にデカルチャーとかしたんすけど、
安彦良和をもっとオタク好み(美少女)にした美樹本晴彦のキャラデザや、
バルキリー(可変戦闘機)の画期的メカデザインにみんな(男の子は)夢中。
テレビアニメは作画が安定しないので、
劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』
OVA『マクロスプラス』などの超絶作画の方をおすすめします。


■題名:装甲騎兵ボトムズ

監督・等:高橋 良輔 / 塩山 紀生 / 大河原 邦男

発表年:1983年~1984年

評価:A ★★★★○くらい

■雑記:
『ボトムズ』は長野では放送されていなくて、
当時のアニメ雑誌や、サークルの友人などからの評判を聞いて観たかったんすが、
やっと全話視聴出来たのが十数年前だったかな。
リアルタイムで観ていたら、凄く嵌るか、まったく嵌らないか……今となっては不明。
主役メカが使い捨て(普及していて特別に高性能でない)ってのが斬新。
高橋良輔の代表作といえるので選出。


■題名:銀河漂流バイファム

監督・等:神田 武幸 / 芦田 豊雄 / 大河原 邦男

発表年:1983年~1984年

評価:B ★★★○くらい

■雑記:
本放送時はちょろっと観たくらいで興味なかったんすが、
サークルの友人などからの評判を聞いて十数年前くらいに全話視聴したら面白かった。
エロ本ネタとかが良い。


■題名:あだち充原作 + 杉井ギサブロー作品

監督・等:杉井 ギサブロー / 前田 実 / 芹澤 廣明

発表年:1983年~1988年

評価:保留

■雑記:
『ナイン』『タッチ』『陽あたり良好!』
杉井ギサブローのテレビアニメを選出したいんですが、
昔に飛び飛びで観ていたくらいなので記憶に無く
どれがいいのかわからない。


■題名:とんがり帽子のメモル

監督・等:葛西 治 / 名倉 靖博 / 鈴木 欽一郎 / 土田 勇 / 青木 望

発表年:1984年~1985年

評価:不明

■雑記:
当時まわりのアニメ好きの評価が高かったので。
映画やOVA『とんがり帽子のメモル マリエルの宝石箱』がある。
マリエル「君たちは滅びゆく種族なんだよ」
「リュックマン殿がまた死んでおられるぞ!」
みたいな内容だと思う。うそ


■題名:藤子・F・不二雄原作 + 原恵一作品

監督・等:原 恵一 / 田中 公平

発表年:1987年~1989年 + 1991年~1992年

評価:保留

■雑記:
『エスパー魔美』『21エモン』
原恵一のテレビアニメを選出したいんですが、
どれがいいのかわからない。


■題名:ピーターパンの冒険

監督・等:黒田 昌郎 / なかむら たかし

発表年:1989年

評価:C ★★○くらい

■雑記:
作画が丁寧で良いけど、物語は普通かな。


■題名:おにいさまへ・・・

監督・等:出崎 統 / 杉野 昭夫 / 高橋 宏固 / 羽田 健太郎

発表年:1991年~1992年

評価:S ★★★★★◎くらい

■雑記:
出崎統が演出するキャラクターは生命力というか力の迸りが凄くて狂気を感じる。
信夫マリ子の描写とか、ほとんど楳図かずおのホラー漫画。
私は、宮崎駿と富野由悠季と出崎統が三大アニメ演出家(監督)だと思うんだけど、
世間では出崎統より押井守や庵野秀明の方が有名な感じがして、
出崎統はもっと評価されていいと思う。
熱すぎる過剰な演出が避けられる世の中なのかも。


■題名:きんぎょ注意報! + 美少女戦士セーラームーン

監督・等:佐藤 順一 / 只野 和子 / 有澤 孝紀

発表年:1991年~1993年

評価:保留

■雑記:
『きんぎょ注意報!』は、当時アニメ好きの友人が嵌っていて、
女児向けアニメに熱を上げる友人を冷ややかに見ていたかな。
『美少女戦士セーラームーン』は、
土曜日に、数人でサークルの友人の家に泊りがけで遊びに行ったんすが、
丁度『美少女戦士セーラームーン』が始まった日で、
友人達の付き合いで第1話の放送を偶然観たっす。
まさか世界的に大ヒットするシリーズになるとは夢にも思わず。


■題名:魔法騎士レイアース

監督・等:平野 俊弘 (平野 俊貴) / 石田 敦子

発表年:1994年~1995年

評価:保留

■雑記:
平野俊貴のテレビアニメだと
『破邪巨星Gダンガイオー』がなんか好きなんだけど
他人におすすめするようなモノじゃないんで
CLAMP原作の『魔法騎士レイアース』を選出。
OVAがある。


■題名:新世紀エヴァンゲリオン

監督・等:庵野 秀明 / 貞本 義行 / 山下 いくと / 摩砂雪 / 鶴巻 和哉 / 鷺巣 詩郎

発表年:1995年~1996年

評価:S ★★★★★★

■雑記:
本放送時の私はテレビを持ってなかったので観てなかったんすが、
私の周りのサークル仲間(友人・先輩・後輩)の間で凄い話題になってたっす。
仲間内の集まりで第八話だけ観たり、
古本屋で漫画を買おうとレジに行ったら
バイトの大学生が本放送の最終話を食い入るように観ていた思い出。
私もテレビを買って1997年の『エヴァ』再放送を観たのが、
本格的にアニメを観るようになったきっかけなので
『エヴァ』は私にとって特別な存在かな。
『エヴァ』以外の庵野秀明作品にはそれほど興味がないけど。
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』
『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air / まごころを、君に』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などがある。


■題名:天空のエスカフローネ

監督・等:赤根 和樹 / 結城 信輝 / 山根 公利

発表年:1996年

評価:A ★★★★◎くらい

■雑記:
仲間内の集まりで友人の車に乗った時、
カーステレオ(カーオーディオ)から流れてきたのが
『天空のエスカフローネ』のサントラ「DANCE OF CURSE」で、
アニメを観ていない私以外の友人達が盛り上がっていて疎外感を抱いたっす……。
(その頃の私は、洋楽一辺倒でアニソンやサントラに興味がなかったので)
私もアニメを観るようになって、評価が高い『天空のエスカフローネ』を観ようと思ったんすが、
先に劇場版『エスカフローネ』の方を観て、
その後にテレビアニメ『天空のエスカフローネ』を観たかな。
当時のテレビアニメとしては高水準の作画に驚き、キャラデザの鼻に……。
監督とキャラデザが同じ『ヒートガイジェイ』も好き。


■題名:機動戦艦ナデシコ

監督・等:佐藤 竜雄 / 後藤 圭二 / 服部 隆之

発表年:1996年~1997年

評価:C ★★○くらい

■雑記:
本格的にアニメを観始めた頃に観て、まあまあ面白かったので。
佐藤竜雄は『学園戦記ムリョウ』『モーレツ宇宙海賊』など面白いんすが、
なんかまったりとしちゃって盛り上がりに欠ける。
劇場版『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』がある。


■題名:魔法少女プリティサミー

監督・等:秋山 勝仁 / 奥田 淳 / 周防 義和

発表年:1996年~1997年

評価:C ★★△くらい

■雑記:
本格的にアニメを観始めた頃になんとなく観たら面白かったので。
『天地無用!』のスピンオフ。天野美紗緒は後の『BPS』に出演。
OVA『魔法少女プリティサミー』がある。


■題名:大地丙太郎作品

監督・等:大地 丙太郎

発表年:保留

評価:保留

■雑記:
『こどものおもちゃ』『おじゃる丸』『十兵衛ちゃん』『フルーツバスケット』など、
どれがいいのかわからない。


■題名:少女革命ウテナ

監督・等:幾原 邦彦 / 長谷川 眞也 / 榎戸 洋司 / 小林 七郎 / J・A・シーザー

発表年:1997年

評価:S ★★★★★◎くらい

■雑記:
私が『エヴァ』以降アニメを本格的に観るようになって、
本放送をリアルタイムでほぼ(一回だけ観逃す)全話観て嵌った作品。
その尖った演出とアニメのサントラとは思えないJ・A・シーザーの音楽に驚愕したっす。
テレビアニメと設定が違う
劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』がある。
『忘却の旋律 - 錦織 博』は『ウテナ』っぽいけど、
幾原邦彦がいなくて長谷川眞也のキャラデザが丸くなって別物。


■題名:勇者王ガオガイガー

監督・等:米たに ヨシトモ / 木村 貴宏 / 大河原 邦男 / 田中 公平

発表年:1997年~1998年

評価:A ★★★★△くらい

■雑記:
仲間内の集まりで友人の一人が
『ガオガイガー』に嵌ってるみたいな話題で盛り上がっていたんすが、
またまた私だけ蚊帳の外……。
『ガオガイガー』って子供向けじゃないの? みたいな感じで
私はそれ以上なんとも思わなかったんすが、
その後『ベターマン』に大嵌りして、同じスタッフと世界観の『ガオガイガー』を観ることに。
卯都木命のキャラデザが好き。
OVA『勇者王ガオガイガーFINAL』などがある。


■題名:ジェネレイターガウル

監督・等:水島 精二 / オグロ アキラ

発表年:1998年

評価:保留

■雑記:
ちょっとマイナーな感じもするけど、
特撮の変身ヒーローをシリアスなアニメにした感じで
水島精二のテレビアニメ(深夜アニメ)で割りと好きなので選出。


■題名:COWBOY BEBOP カウボーイビバップ

監督・等:渡辺 信一郎 / 川元 利浩 / 山根 公利 / 菅野 よう子

発表年:1998年~1999年

評価:A ★★★★◎くらい

■雑記:
アニメ好きの友人のとこに行った時、
友人が観たい新作テレビアニメが始まるってんで
一緒にテレビ放送の第一回(Session #2)を視聴。
放送を観てけっこう笑っている友人を横目に、
作画は良いんだろうけど、どこが面白いんだ?
とまったく良さがわからない私……。
その後、WOWOWで全26話放送されてアニメ雑誌や私の周りで評判になったので、
『COWBOY BEBOP the Compilation』の1と2を買って改めて視聴したら、
本当の第一話の「Session #1」とか凄くかっこいい映像でなるほどな……と感心。
川元利浩がOVA『GOLDEN BOY さすらいのお勉強野郎』のせいか
江川達也の影響を受けているキャラデザ。
『ルパン三世』とかをスタイリッシュにすればアニメファン以外や外人にも受けるし、
こちらから狙ってムーブメントを起こす、みたいなのが鼻につくけど優良アニメ。
劇場版『カウボーイビバップ 天国の扉』がある。


■題名:ガサラキ GASARAKI

監督・等:高橋 良輔 / 谷口 悟朗 / 村瀬 修功 / 野崎 透 / 蓜島 邦明

発表年:1998年~1999年

評価:C ★★◎くらい

■雑記:
主人公とヒロインの両方が綾波レイ系のキャラデザで、
ストーリーや世界観は硬派で暗く、
あまり面白くないけど、なんか好きで観ていた。
多国籍軍の派兵とかアジアン静脈瘤とか穀物モラトリアムとか、
果ては月の裏側の知的生命体?とか、
世界情勢や人類に纏わるリアルでシリアスで壮大な世界をアニメで表現しているのかも……
志半ばで終わった感じだけど。
『エヴァ』がブームになったとはいえ、日曜の午前中に放送されるアニメとは思えない……
それを喜んで観ていた私とは……いったい……。
終盤の主役は西田啓。
『FLAG』もなんか『ガサラキ』(のタクティカルアーマーの戦闘)っぽくて良い。


■題名:BETTERMAN ベターマン

監督・等:米たに ヨシトモ / 木村 貴宏 / 大河原 邦男 / 田中 公平

発表年:1999年

評価:S ★★★★★◎くらい

■雑記:
本格的にアニメを観るようになり、アニメ雑誌で新作情報などをチェックしてたんすが、
『勇者王ガオガイガー』のスタッフが深夜アニメをやるってんで
(当時はまだ『ガオガイガー』を観ていなかったけど)
なんか期待して第一話(一夜)を録画したのを観たら激嵌り!
ホラー・テイスト(風味)で特撮(怪獣)テイストもあるロボットアニメで
衒学(オカルト)的ってのが私の好みに合ったのか、
録画したテレビアニメは一回観たら観返すことがあまりないんすが、
すぐに何度も観返すほど大好きに。
『ベターマン』の内容と
当時1999年って世紀末(恐怖の大王)の不安がシンクロした感じがしたような。
メジャーで人気のある『ガオガイガー』と世界観や設定が共通してるんすが、
暗い内容のせいか『ベターマン』ってマイナーで人気があまりないんすが、
私は『ガオガイガー』より断然『ベターマン』!
結局、『エヴァ』以降でリアルタイムに視聴して激嵌りしたテレビアニメは
今のところ『少女革命ウテナ』と『ベターマン』だけっす。
(『プラネテス』も激嵌りしたんすが
BS2から遅れて放送されたNHK教育で観たんでリアルタイムではないということで)


■題名:おジャ魔女どれみシリーズ

監督・等:佐藤 順一 / 五十嵐 卓哉 / 山内 重保 / 馬越 嘉彦 / 奧 慶一

発表年:1999年~2003年

評価:保留

■雑記:
テレビシリーズ
『おジャ魔女どれみ』
『おジャ魔女どれみ♯』
『も~っと! おジャ魔女どれみ』
『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』
OVA『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』
劇場版『映画 おジャ魔女どれみ♯』『映画 も~っと! おジャ魔女どれみ カエル石のひみつ』がある。


■題名:THE ビッグオー

監督・等:片山 一良 / さとう けいいち / 佐橋 俊彦

発表年:1999年~2000年 + 2003年

評価:B ★★★◎くらい

■雑記:
またまた仲間内の集まりで話題になったんすが、
私はアニメを観るようになってたとはいえWOWOW観れないんで仲間外れ……。
数年後、second season が始まる関係で
first season が放送されることになり東京MXTVでやっと視聴。
アメリカン・コミックス(『バットマン』など)をレトロな感じでアニメ化したみたい。
OVA『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』のスタッフが関わっているので、
それっぽいロボット格闘が良い。


■題名:Sci-Fi HARRY サイファイハリー

監督・等:小寺 勝之 / 高橋 しんや / 池 頼広

発表年:2000年~2001年

評価:C ★★△くらい

■雑記:
主人公(ハリー)がウジウジしていて話も暗くてあまり面白くないけど、
高橋しんやのキャラデザがなんか好きで観ていたら、
とんでもない声が聴こえてきて、それが金田朋子との出会いだったっす。
ネット住民というかアノニマスみたいなのが黒幕だったような……。
小寺勝之と金田朋子好きは『ボンバーマンジェッターズ』、
高橋しんや好きは『影 Shadow』を観てみれば。



※本文は20000文字以内で入力してください。
って注意が出て記事の投稿が出来ないんで前後編に分けました。
「好きなもの目録 その268 おすすめテレビアニメ 後編」に続く。

"好きなもの目録 その268 おすすめテレビアニメ 前編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント