PSYGRESSIVE ANIMANG

アクセスカウンタ

zoom RSS 好きなもの目録 その70 ゴルゴ13と修羅之介斬魔剣

<<   作成日時 : 2014/10/20 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私が考える日本の三大アニメ監督(演出家)が――
宮崎駿、
富野由悠季 (安彦良和、大河原邦男、湖川友謙、吉田健一、安田朗などと組む)、
出崎統 (杉野昭夫と組む)、
なんです。
原作モノのアニメ化に傑作が多く、オリジナルのヒット作があまり無いせいか、
出崎監督の評価とか知名度って、
日本のアニメに対する功績に比べて
(宮崎監督や富野監督に比べて)
少し低いように感じるかな。
原作があっても全部出崎色にしちゃうから、
原作に思い入れがある人には評判悪いのかなぁ。

出崎統と杉野昭夫のコンビは、
『宝島』『エースをねらえ!劇場版』『あしたのジョー2』
『おにいさまへ・・・』『ブラック・ジャック OVA + 劇場版』などなど、
傑作、名作アニメをたくさん手掛けているんですが、
その中で、アダルトなバイオレンス作品
『ゴルゴ13 劇場版』と『修羅之介斬魔剣 死鎌紋の男』を目録に。


標題:出崎統と杉野昭夫のハードボイルド

分類:アニメ>映画>アクション>バイオレンス

■題名:ゴルゴ13 劇場版

監督:出崎 統

作画監督:杉野 昭夫

美術監督:小林 七郎

撮影監督:高橋 宏固

声優:
瑳川 哲朗
武藤 礼子
藤田 淑子
富山 敬
納谷 悟朗
小林 清志

発表年:1983年

製作国:日本

評価:S ★未公表

■内容・雑記:
このブログの2008/12/02の記事の再録(抜粋、一部修正)を――

舘ひろしのテレビ版じゃないです。
『ゴルゴ13 劇場版』は、
エロチック・バイオレンス・ハードボイルド・アニメの傑作だと思います。
ちょっと原作のゴルゴとはイメージが違うかもしれませんが。

キャラが立った連中が大勢でてきます。
何度倒しても起き上がってくるゴールド&シルバー、
そして、こいつ人間か?とモーラーみたいな動きをする
ビッグ・スネーク!(カモ〜ン)
そいつらとの格闘シーンが、
ブルース・リーの映画観ているようで燃えます。
そして息子の仇と、逆恨みから執拗にゴルゴを狙うレオナルド・ドーソン。
可愛い孫を暗殺者にしたてたり、
スネークに息子の嫁を人身御供として差し出します。
この場面が凄いエロチックなんすよねぇ。
なんかこのアニメやたら濡れ場があるんですよ。
大人のアニメってことなのか。

それで、クライマックスのドーソンビルに向かうところで、
なぜか突然コンピュータグラフィックスに変わるんですよ。
このアニメ、日本で本格的にコンピュータグラフィックスが使われた
最初のアニメじゃないのかな。
ここは賛否両論あると思うんですが、
1983年にこれだけ作れれば合格だと思うんですが、
セガの『サンダーブレード』をもっと良くした感じの画面で。
しかし、CG(ヘリコプターとビル)が、
それまでのアニメ(人物や背景)と比べて浮いてるんですよねぇ。
そこが『ゴルゴ13 劇場版』の評価を下げることになっているみたい。
あとデューク・東郷の声があってないかな、それが残念。

あと印象に残ったシーンは情報屋が殺されて、
椅子に座ったままグルグル回るところで
時計の鐘が鳴るんですけど、
なんかピンク・フロイドの「タイム」を思い出したっす。

出崎監督の演出って、
ブライアン・デ・パルマの演出に似てると思うんですけど。
画面分割やスローモーションとかが。
このアニメも存分に出崎演出が堪能できます。

それから同じ出崎監督のOVAで
『ゴルゴ13 QUEEN BEE』ってのもあります。
こちらはまぁまぁのできです。
こちらもしっかり濡れ場があります。

出崎版『ゴルゴ13』気に入った人は
『修羅之介斬魔剣 死鎌紋の男』
も観てみるといいっすよ。
エロエロでバイオレンスっす。

全然取り上げなかったですが、
パートナーの杉野昭夫の作画がアダルトタッチで、
色気があってとても『ゴルゴ13』に合っています。
出崎作品に杉野あり!


分類:アニメ>OVA>アクション>バイオレンス

■題名:ゴルゴ13 QUEEN BEE

監督:出崎 統

キャラクターデザイン・作画監督:杉野 昭夫

声優:
玄田 哲章
中尾 隆聖
勝生 真沙子

発表年:1998年

製作国:日本

評価:B ★未確定


■題名:修羅之介斬魔剣 死鎌紋の男

監督:出崎 統

キャラクターデザイン・作画監督:杉野 昭夫

美術監督:阿部 行夫

脚本:鳴海 丈

声優:
井上 和彦
佐久間 レイ
玄田 哲章
小林 清志

発表年:1990年

製作国:日本

評価:A ★未確定

■内容・雑記:
このブログの2010/05/14の記事の再録(抜粋、一部修正)を――

江戸時代、隠れキリシタンの集会があるってんで、
「ヒャッホーッ!キリシタン狩りだぁぁぁ〜っ」と駆けつけた町奉行。
そこに現れたのは見世物小屋から逃げ出した、
どうみても象くらいの大きさの巨大な白い虎!
暴れる!暴れる!捕り方をバッサ、バッサと、その牙と爪で八つ裂き!
ほとんど『ガンバの冒険』の最終回、ノロイ対ねずみ状態。
一休さんが、「屏風から追い出してください、私が捕まえますから!」
なんて将軍様に言うもんだから、こんな惨劇に……。うそ
全滅状態のお役人一行、そして虎は新たな生贄を求めて江戸城を目指す。
しかし虎の進路には、一人の男が……。
その同時刻、とある藩の屋敷で、虎騒ぎに乗じて
姫様誘拐大作戦が敢行されていた。
恋を知らぬ処女・真夕姫をかどわかした、世鬼一族の狙いとは?
囚われの身の姫の受け取り人を頼まれた四鎌紋の男(榊修羅之介)とは……。

このアニメ、一時間弱しかないのに内容が濃い。
出てくるキャラも多いし。
メインのストーリーとは別に、魔狼次っていう処刑人(必殺仕掛人みたいなの)
が出てくるっす。
顔が力石徹か『宝島』のジョン・シルバーみたいで、
刃物とかの得物を使わず体術のみで殺人をする凄腕。
この魔狼次と修羅之介が、最後の場面ですれ違って言葉を交わして終わり……。
はぁ、面白かった!Vol.2が楽しみだなぁ。早く観よっと……
えっ、終わり……コレで、オワリ…だ…と……。
銀龍剣の行方は?阿国(ヒミコ衆?)とか、天海僧正とか、
こんだけ伏線はりまくって、未完とは酷いっす!いけずぅ。
よくもボクの心を踏み躙ったな……もう二度とこんなアニメ観てやるもんかっ!
三度も四度も何回でも観てやるぅぅぅ
てな感じで、このアニメ、スゲェー面白いっす!

死鎌紋ってのは、四鎌紋で、四つの鎌を組み合わせた珍しい家紋。
丸い卍みたいな紋で、榊修羅之介のシンボル。
ちなみに、男性なのに男が好きな人のことをオカマモンっていいます。うそ

修羅之介は、普段はクールでニヒルなモノに動じない男なんですが、
ちょっと弟のことを思い出すとブルーになります。
なんか『ベターマン』の八七木翔っぽいんですよ、
両方とも弟を亡くしていて、それがトラウマみたいになっているってのが。
まぁ、八七木翔の方はヘタレですが。

「一度、石を投げられた野良犬は、二度とその相手からは餌は貰わぬ」
くぅぅぅ〜カッコえぇ〜。
私なら、何度でもエサ貰うなぁ。
あ、このアニメ、とってもエロいんで、
家族や女の人とは一緒に観ないほうがいいっすよ。
男は、一人で黙ってハードボイルド。

あとこのアニメは、けっこう描写が残酷です。
残酷っていうか、なんか人間の身体って脆いなぁっていうか……。
人が斬られたり、虎に引き裂かれたりすると、
だいたい、首チョンパか、縦に真っ二つか横に真っ二つの三種類で死にます。
まぁ『北斗の拳』の人体破裂みたいな演出のように、
キモチ悪さよりも破壊の爽快感の方があるかな。

『修羅之介斬魔剣 死鎌紋の男』は、
『ゴルゴ13 劇場版』の時代劇版って感じです。
『獣兵衛忍風帖』や、『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』などの、
異能力者、忍者対剣士モノのアニメが好きな人必見!
『忍風カムイ外伝』とかの昔の忍者モノのアニメとか観てないから
確かなこと言えないんですが、
『カムイの剣』と、この『修羅之介斬魔剣 死鎌紋の男』があったから
『獣兵衛忍風帖』が生まれたんじゃないかなぁ。(個人的な感想)
私は、『獣兵衛忍風帖』大好きなんですよねぇ。
その原点を観ているようで、この『修羅之介斬魔剣』って。
『獣兵衛忍風帖』って、海外じゃ絶大な人気誇ってるみたいなんですよ、
日本じゃいまいち知名度・人気ないのに。
やっぱ外人には、サムライ、ニンジャ、ゲイシャ・ガールが人気なんですかねぇ。
『ナルト』が大人気なのも、ニンジャものだからなのかなぁ?

原作の小説とか読んだことないんですが、
ウィキペディアみたら、原作の鳴海丈さんは、
ファンタジー小説なんかを書いていた頃、
この『修羅之介斬魔剣』を執筆していたのがバレて、
コバルト文庫をクビになったとか。ホントっすか?
まぁ〜、アニメ観た感じでもエロエロなんで、
きっと小説の方は、もっとエロエロなんだろうなぁ。
鳴海丈さんは『眠狂四郎』などの時代劇が好きなようで、
主人公の榊修羅之介は、アニメを観た感じだとまんま眠狂四郎。


出崎アニメ最高!
出崎アニメ最高!
出崎アニメ最高!
(三回パーン)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
好きなもの目録 その70 ゴルゴ13と修羅之介斬魔剣 PSYGRESSIVE ANIMANG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる