好きなもの目録 その189 初期カン

ドイツのバンドのカンは、
インプロビゼーション、非西洋音楽、編集、電子音など
「様々な音楽要素をひとつの缶にブチ込む」
というコンセプトが名前の由来。らしいっす。

クラシック音楽や、シュトックハウゼンやジョン・ケージなどの現代音楽など
アカデミックな作曲や指揮を学び、
スティーヴ・ライヒやテリー・ライリーやフルクサスなどと交流していた
イルミン・シュミットを中心に、
同じくクラシック音楽や現代音楽の作曲や指揮を学んだホルガー・シューカイ、
フリー・ジャズ出身のヤキ・リーベツァイト、
ホルガー・シューカイが音楽教師をしていた学校の生徒だった
(直接音楽を教わっていない)ミヒャエル・カローリ、
アメリカ人実験音楽家(フルート奏者)のデヴィッド・ジョンスンの五人によりバンドの原型が出来て、
ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァみたいな即興実験音楽を目指してたところに、
アフリカ系アメリカ人画家のマルコム・ムーニーが加わり、
ビート・グループ化に反発したデヴィッド・ジョンスンが抜け、カンが結成された。
(※『レコード・コレクターズ2000年6月号ジャーマン・ロックの快楽的宇宙サウンド』などを参考にしてます)

マルコム・ムーニーの呟く、アフリカの呪術師のようなモゴモゴとした黒いボーカルが異質。
『モンスター・ムーヴィー』発表後、ムーニーは神経症によりバンドを去る。(後に復帰する)


標題:マルコム・ムーニーの初期カン

分類:音楽>洋楽>ロック>プログレ>クラウトロック

■題名:
MONSTER MOVIE
モンスター・ムーヴィー
DELAY 1968
ディレイ 1968

名前:
CAN
カン

メンバー:
HOLGER CZUKAY
ホルガー・シューカイ
IRMIN SCHMIDT
イルミン・シュミット
JAKI LIEBEZEIT
ヤキ・リーベツァイト
MICHAEL KAROLI
ミヒャエル・カローリ
MALCOLM MOONEY
マルコム・ムーニー

発表年(録音年):
1969年
1981年(1968年~1969年)

製作国:ドイツ

評価:S ★★★★★○

■曲目:
『MONSTER MOVIE』
『モンスター・ムーヴィー』
01. FATHER CANNOT YELL
02. MARY, MARY SO CONTRARY
03. OUTSIDE MY DOOR
04. YOO DOO RIGHT

『DELAY 1968』
『ディレイ 1968』
01. BUTTERFLY
02. PNOOM
03. NINETEEN CENTURY MAN
04. THIEF
05. MAN NAMED JOE
06. UPHILL
07. LITTLE STAR OF BETHLEHEM

■雑記:
『ディレイ 1968』は『モンスター・ムーヴィー』と同時期に録音されていた音源集。
私は『モンスター・ムーヴィー』より『ディレイ 1968』の方が好きかも。


■題名:
THE LOST TAPES
ザ・ロスト・テープス

名前:
CAN
カン

メンバー:
HOLGER CZUKAY
ホルガー・シューカイ
IRMIN SCHMIDT
イルミン・シュミット
JAKI LIEBEZEIT
ヤキ・リーベツァイト
MICHAEL KAROLI
ミヒャエル・カローリ
MALCOLM MOONEY
マルコム・ムーニー
他 (DAVID JOHNSON)

録音年:1968年~1969年

製作国:ドイツ

評価:S ★★★★★△

■曲目:
『THE LOST TAPES: CD1』
『ザ・ロスト・テープス:DISC 1』
01. MILLIONENSPIEL
02. WAITING FOR THE STREETCAR
04. DEADLY DORIS
05. GRAUBLAU
06. WHEN DARKNESS COMES
07. BLIND MIRROR SURF
08. OSCURA PRIMAVERA

『THE LOST TAPES: CD2』
『ザ・ロスト・テープス:DISC 2』
01. YOUR FRIENDLY NEIGHBOURHOOD WHORE
02. TRUE STORY
04. MIDNIGHT SKY
05. DESERT

■雑記・備考:
『ザ・ロスト・テープス』の初期の曲だけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック