好きなもの目録 その196 ザ・パワー・ステーションと情熱の赤い薔薇

昨年(2016年)は、偉大なアーティストが大勢亡くなったんですが、
NHK-FMの『夜のプレイリスト』を聴いていて、
秋川雅史さんがパーソナリティーの週で、
『リップ・イット・アップ - デッド・オア・アライヴ』
が放送されて、
「ユー・スピン・ミー・ラウンド」とか好きだったので懐かしいな。
とか思っていたら、
ピート・バーンズの訃報が入って驚いて、
クリスマスだなぁ。とか思っていたら、
ジョージ・マイケルの訃報が入って驚く。
1980年代のMTV全盛の頃の洋楽が私の青春なんで思い出深くて、
ここ十何年かは、サイケかプログレかクラシック(現代音楽)か
ジャズ(フュージョン)か民族音楽などしか聴かないので、
1980年代の洋楽も滅多に自分からは聴かないんですが、
ラジオ(『洋楽グロリアス デイズ』など)とかから
80年代の洋楽が流れてくると懐かしく感じるっす。

1980年代の日本では、
ワム!とか、デュラン・デュランとか、G.I.オレンジとか、
美形のイギリスのバンド(デュオ)が女の子に人気で、
私はその反感というか、
顔が良いだけ(アイドル的)で売れ線の曲を演奏ってミーハーが騒いでいるだけ。
と蔑んでいました。
でも、『ベストヒットUSA』などやFMラジオの洋楽番組を聴くと
ワム!やデュラン・デュランの曲がヒットしているから必ず放送されるんですよ。
(ワム!は置いておいて)
「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」
「プリーズ・テル・ミー・ナウ」
「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」
「ニュー・ムーン・オン・マンデイ」
「ザ・リフレックス」
などデュラン・デュランがヒットを連発していて、
「セイヴ・ア・プレーヤー」が私は好きだったんすが、
曲は良いけど、デュラン・デュランを認めると、
自分が負けたような気がして、アルバムを買ったりとかしなかったんです。

それが、デュラン・デュランのメンバーが参加した
ザ・パワー・ステーションの「サム・ライク・イット・ホット」を聴いて、
凄いショックを受けて、ロバート・パーマーを知り、
パワー・ステーションに参加しなかった残りのメンバーのアーケイディアも良くて、
頑なにデュラン・デュランを拒否してるのに、
パワー・ステーションやアーケイディアは好きだな。と
口では嫌がっても体は正直だな状態だったら、
アンディ・テイラーとロジャー・テイラーが脱退して、
デュラン・デュランがサイモン・ル・ボン、ニック・ローズ、ジョン・テイラーの三人になっちゃって、
「ノトーリアス」「スキン・トレイド」とか出して、
アイドル色を脱して成長した感じがしたんでデュラン・デュランを好きになったっす。
(結局、『ビッグ・シング』からアルバムを買い始めて、遡って他のアルバムも集めたっす。
丁度、レコードからCDへの転換期だったので、過去作がCD化されたら買ってた)


標題:(デュラン・デュランの)パワー・ステーションとアーケイディア

分類:音楽>洋楽>ロック

■題名:
THE POWER STATION
ザ・パワー・ステーション

名前:
THE POWER STATION
ザ・パワー・ステーション

メンバー:
ROBERT PALMER
ロバート・パーマー
ANDY TAYLOR
アンディ・テイラー
JOHN TAYLOR
ジョン・テイラー
TONY THOMPSON
トニー・トンプソン

プロデューサー:
BERNARD EDWARDS
バーナード・エドワーズ

発表年:1985年

製作国:
アメリカ
イギリス

評価:A ★★★★☆

■曲目:
01. SOME LIKE IT HOT
_____サム・ライク・イット・ホット
02. MURDERESS
_____マーダレス
03. LONELY TONIGHT
_____ロンリー・トゥナイト
04. COMMUNICATION
_____コミュニケーション
05. GET IT ON (BANG A GONG)
_____ゲット・イット・オン
06. GO TO ZERO
_____ゴー・トゥ・ゼロ
07. HARVEST FOR THE WORLD
_____ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド
08. STILL IN YOUR HEART
_____スティル・イン・ユア・ハート

(BONUS TRACK)
09. SOMEDAY, SOMEHOW, SOMEONE'S GOTTA PAY
_____サムデイ、サムハウ、サムワンズ・ガッタ・ペイ
10. THE HEAT IS ON
_____ザ・ヒート・イズ・オン
11. COMMUNICATION (LONG REMIX)
_____コミュニケーション (ロング・ミックス)
12. GET IT ON (BANG A GONG) (7")
_____ゲット・イット・オン (シングル・ヴァージョン)
13. SOME LIKE IT HOT AND THE HEAT IS ON
_____サム・ライク・イット・ホット・アンド・ザ・ヒート・イズ・オン
14. COMMUNICATION (REMIX)
_____コミュニケーション (リミックス)
15. SOME LIKE IT HOT (7")
_____サム・ライク・イット・ホット (シングル・ヴァージョン)

■雑記・思い出:
当時、大人気だったデュラン・デュランのメンバーと
シックのメンバーがコラボしたスーパーグループ。
ボーカルのロバート・パーマーは、
日本では玄人(洋楽に詳しい人)以外には知名度低かったと思うけど、
『ザ・パワー・ステーション』直後に『リップタイド』を出して大ヒット!
私は、パワー・ステーションの「ゲット・イット・オン」を
T・レックスのオリジナルより先に聴いたので、
後から聴いたT・レックスの「ゲット・イット・オン」が線の細いナヨナヨした感じに思えたなぁ。

セカンドの『リヴィング・イン・フィア』は、ファーストの荒々しさ(パワー)が減り洗練されて、
ロバート・パーマーのソロとあまり変わらないような感じで、まあまあかな。(私はあまり聴かない)
このブログの削除した昔の記事に書いたんすが、
『リヴィング・イン・フィア』の発売日に、
昔よく行ったCDショップに買いに行ったんですが置いてなくて、
店を出ようとしたら店員に呼び止められて、何のアルバムを探しているのか訊かれたんすよ。
丁度、店員がCDの注文票を書いているとこだったらしくて、
客のニーズとか世間の売れセンなんかをリサーチするみたいな感じ。
私は、パワー・ステーションの『リヴィング・イン・フィア』って答えて店を出て、
結局、他の店で『リヴィング・イン・フィア』を手に入れたんすが、
後日、そのCDショップに行ったら『リヴィング・イン・フィア』を10枚くらい大量入荷していて、
私は既に購入してるし、こんなに仕入れて売れるのか?
と他人事ながら心配したんすが、やっぱり何ヶ月経っても売れ残っていて、
結局、全部返品しちゃったみたい……って思い出が。


■題名:
SO RED THE ROSE
情熱の赤い薔薇

名前:
ARCADIA
アーケイディア

メンバー:
SIMON LE BON
サイモン・ル・ボン
NICK RHODES
ニック・ローズ
ROGER TAYLOR (※クイーンのドラマーじゃない、1960年4月26日生まれの方)
ロジャー・テイラー

ミュージシャン:
DAVID GILMOUR
デヴィッド・ギルモア
ANDY MACKAY
アンディ・マッケイ
MASAMI TSUCHIYA
土屋 昌巳


発表年:1985年

製作国:イギリス

評価:A ★★★★○

■曲目:
01. ELECTION DAY
_____エレクション・デイ
02. KEEP ME IN THE DARK
_____キープ・ミー・イン・ザ・ダーク
03. GOODBYE IS FOREVER
_____グッドバイ・イズ・フォーエヴァー
04. THE FLAME
_____ザ・フレイム
05. MISSING
_____ミッシング
06. ROSE ARCANA
_____ローズ・アーケイナ
07. THE PROMISE
_____ザ・プロミス
08. EL DIABLO
_____エル・ディアブロ
09. LADY ICE
_____レディ・アイス

(BONUS TRACK)
10. SAY THE WORD [THEME FORM 'PLAYING FOR KEEPS'] (7" EDIT)
11. SHE MOODY AND GREY, SHE'S MEAN AND RESTLESS
12. ELECTION DAY (SINGLE VERSION)
13. GOODBYE IS FOREVER (SINGLE REMIX)
14. THE PROMISE (7" MIX)
15. THE FLAME (7" REMIX)
16. SAY THE WORD [THEME FORM 'PLAYING FOR KEEPS'] (SOUNDTRACK VERSION)

(SPECIAL EDITION)
??. ELECTION DAY (CONSENSUS MIX)
??. GOODBYE IS FOREVER (12" EXTENDED VOCAL MIX)
??. THE PROMISE (EXTENDED VERSION)
??. ROSE ARCANA (EXTENDED)
??. THE FLAME (EXTENDED REMIX)
??. SAY THE WORD [THEME FORM 'PLAYING FOR KEEPS'] (EXTENDED VOCAL REMIX)
??. ELECTION DAY (CRYPTIC CUT)
??. THE PROMISE (12" MIX)
??. GOODBYE IS FOREVER (DUB MIX)
??. SAY THE WORD [THEME FORM 'PLAYING FOR KEEPS'] (EXTENDED INSTRUMENTAL REMIX)
??. ELECTION DAY (EARLY ROUGH MIX)
??. FLAME GAME (YO HOMEBOY MIX)

■雑記:
『情熱の赤い薔薇』はニック・ローズ色が強いのか耽美。
スティング、ハービー・ハンコック、グレイス・ジョーンズも参加してる。
「エレクション・デイ」を小池一夫的に言うと、
「エレクチオン・デイ」で勃起する日って意味っす。うそ
(対訳の選挙の日よりいいと思う……)



ピーター・バラカンさんは音楽に詳しいんすが、数年前にラジオで、
アンディ・テイラー、ジョン・テイラー、ロジャー・テイラーを
テイラー三兄弟って言っていて、(血縁関係は無い)
デュラン・デュランに興味が無いせいか、
古い間違った思い込みのまま、情報を更新してないんだな。
と私は思ったっす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック