好きなもの目録 その229 ピエール・アンリ

九州北部豪雨で大勢の方が被害に遭い、
お亡くなりになった方もたくさんいてやるせないんですが、
人間というか私の想像力が貧困なため、
九州のことをよく知らないし、(九州出身の)知人が数人いるくらいなので、
どこか他人事になってしまう自分がいます。
これが地元で豪雨や地震などの災害に見舞われたら大騒ぎして、
被害に関係ない他の地域の人達の他人事みたいな態度に怒るんだろうけど。
よく知らない人(一般人)より、ちょっと知っている人(有名人)の死の方が
自分にショックを与えます。
昨年(2016年)は、偉大なアーティストが大勢亡くなったんですが、
(女流電子音楽家のポーリン・オリヴェロスなど)
今年(2017年)もピエール・アンリが亡くなったのを知ったので目録に。

ピエール・アンリは現代音楽の作曲家で、ピエール・シェフェールと並ぶ
ミュジーク・コンクレート(電子音楽)の先駆者。


標題:現代音楽のためのピエール・アンリ

分類:音楽>現代音楽>電子音楽 (ミュージックコンクレート)>バレエ音楽>サイケ

■題名:
MESSE POUR LE TEMPS PRESENT
(LES JERKS ELECTRONIQUES DE LA MESSE POUR LE TEMPS PRESENT ET MUSIQUES CONCRETES POUR MAURICE BEJART)
現代のためのミサ

名前:
PIERRE HENRY / MICHEL COLOMBIER
ピエール・アンリ

発表年:1967年

製作国:フランス

評価:S ★★★★★★

■曲目:
MESSE POUR LE TEMPS PRESENT
現代のためのミサ
01. PROLOGUE
_____プロローグ
02. PSYCHE ROCK
_____サイケ・ロック
03. JERICHO JERK
_____ジェリコ・ジャーク
04. TEEN TONIC
_____ティーン・トニック
05. TOO FORTICHE
_____トゥー・フォーティシュ
LA REINE VERTE
緑の女王
06. MARCHE DU JEUNE HOMME / LA REINE ET LES INSECTES
_____若者、女王、そして昆虫たちの行進
07. ROCK ELECTRONIQUE
_____ロック・エレクトロニック
LE VOYAGE

08. LE COUPLE
_____カップル
09. FLUIDITE ET MOBILITE D'UN LARSEN
_____ラールセン現象の流動性と運動性
10. DIVINITES PAISIBLES
_____穏やかな神々
VARIATIONS POUR UNE PORTE ET UN SOUPIR
扉とため息のためのヴァリエーション
11. BALANCEMENT
_____揺れ
12. CHANT 1
_____歌1
13. EVEIL
_____目覚め
14. CHANT 2
_____歌2
15. ETIREMENT
_____伸び
16. GESTES
_____仕種
17. COMPTINE
_____はやし文句
18. FIEVRE 1
_____興奮1
19. GYMNASTIQUE
_____運動
20. FIEVRE 2
_____興奮2

■雑記:
バレエの振付家モーリス・ベジャールのためのバレエ音楽作品。
「現代のためのミサ」は、ミシェル・コロンビエとの共作。
「サイケ・ロック」はCMに使われたので聴いたことある人は多いのでは。


分類:音楽>現代音楽 (実験音楽)>電子音楽

■題名:MISE EN MUSIQUE DU CORTICALART DE ROGER LAFOSSE

名前:PIERRE HENRY

発表年:1971年

製作国:フランス

評価:S ★★★★★◎

■曲目:
01. LEVITATION
02. PENETRATION
03. CORTISOUK
04. ELECTRO-GENESE
05. VOYAGE
06. SAUTS
07. HELLZAPOP
08. LIMONAIRE
09. FANTASIA

■雑記:
デヴィッド・ローゼンブームの『脳波の音楽』ってのがあったけど、
それと同じような脳波を電気信号に変換し、
その電気信号を音響化した作品(バイオフィードバック・ミュージック)。
しかもオルセー美術館でのライブみたいっす。
エロいこと考えたら、どんな音響になるんだろう?
暴力的なこと考えたら、
ルー・リードの『メタル・マシーン・ミュージック』みたいな音響になったりして……うそ。


分類:音楽>現代音楽>電子音楽 (ミュージックコンクレート)

■題名:LE VOYAGE
(D'APRES LE LIVRE DES MORTS TIBETAIN)

名前:PIERRE HENRY

発表年:1962年

製作国:フランス

評価:A ★★★★☆

■曲目:
01. SOUFFLE 1
02. APRES LA MORT 1 (FLUIDE ET MOBILITE D'UN LARSEN)
03. APRES LA MORT 2 (MOUVEMENT EN 6 PARTIES)
04. DIVINITES PAISIBLES
05. DIVINITES IRRITEES
06. LE COUPLE
07. SOUFFLE 2

■雑記:
サブタイトルが「FROM THE TIBETAN BOOK OF THE DEAD」なんで、
『チベット死者の書』をテーマにした作品。
この頃近所で、さかりのついた猫の鳴き声がうるさいんすが、
荒涼とした墓場から死者が甦ってくるような、
棺桶の中に一緒に埋められた黒猫の鳴き声が聞こえてくるようなダークな雰囲気。
NED LAGIN の『SEASTONES』とかの系統かな。


■題名:MACHINE DANSE

名前:PIERRE HENRY

発表年:1973年

製作国:フランス

評価:S ★★★★★◎

■曲目:
01. MACHINE DANSE
02. VIREVOLTAGE
03. EROTICA
04. SACRIFICE
05. INITIATION
06. TAM TAM DE LA SOURCE
07. DANSE DES FAUSSES BOUTEILLES
08. EXORCISME
09. TAM TAM DE LA VACHE
10. DANSE ELECTROMATIC

■雑記:
電子音が未来的なはずなんですが、原始(太古)や未開の野生的なリズムを感じる。


分類:音楽>洋楽>ロック>プログレ / エクスペリメンタル>アートロック / 電子音楽 (ミュージックコンクレート)

■題名:
CEREMONY: AN ELECTRIC MASS
CEREMONY (MESSE ENVIRONNEMENT)
セレモニー

名前:
SPOOKY TOOTH / PIERRE HENRY
PIERRE HENRY AVEC SPOOKY TOOTH
スプーキー・トゥース&ピエール・アンリ

発表年:1969年

製作国:
イギリス
フランス

評価:A ★★★★☆

■曲目:
01. HAVE MERCY
_____ハヴ・マーシー
02. JUBILATION
_____ジュビレーション
03. CONFESSION
_____コンフェッション
04. PRAYER
_____プレイヤー
05. OFFERING
_____オファリング
06. HOSANNA
_____ホサナ

■雑記:
スプーキー・トゥースのハードなロックと、
ピエール・アンリの電子音加工が水と油でミスマッチ。
お互い好き勝手にやっている印象。
単品では凄い美味いのに、混ぜると不味い食べ物や飲み物ってあるじゃないですか、
そんな感じ……悪趣味なアートワークも含めてゲテモノ好きにお勧め。

ピエール・アンリは、アーバン・サックスなどともコラボしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック