南極よりも近い場所△

世の中(日本や世界)的にあまり明るい話題が無く、
私的にもあまり良いことが無いので気分転換・現実逃避に、
ここ三、四年、あまりTVアニメを観てなかったんすが、
2018年1月冬アニメを何作品か視聴したっす。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス - 錦織 敦史』
アニメーション制作が、TRIGGERとA-1 Picturesという強力?なタッグ。
メカデザインが永野護系というか、
『STAR DRIVER 輝きのタクト』のサイバディのデザインと同じ人で、
いづなよしつねっぽさも少し感じる。
ストーリー的には、ありがちで新しさを感じないけど、
(『新世紀エヴァンゲリオン』『フリクリ』『トップをねらえ2!』とかのGAINAX系かな)
昔のアニメをあまり観たことない人には新鮮に感じるかも。
コクピットの操縦方法が大張正己のロボットアニメや
『神魂合体ゴーダンナー!!』などより下品。
敵(叫竜)のデザインに面白味がなく、不気味さや絶望的な強さなどを感じさせない。
でもまぁ、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀が好きなんで、
最後まで視聴すると思う。
湖でヒロが裸のゼロツーと初めて出会う場面を観て、
(漫画などによくある運命的な出会い)
『日出処の天子』の蘇我毛人と厩戸王子が初めて出会った場面を連想したっす。

『宇宙よりも遠い場所 - いしづか あつこ』
よくある女の子グループの部活や日常系の萌えアニメかと思ったら、
違っていて凄く面白い。
私がちょろっと観た2018年1月冬アニメの中では一番良い!
アニメ(創作物)なんで、わりと簡単に南極までは行けるみたい?
行方不明の母親を探す報瀬が南極で見たものは謎の巨人アダムだった……とか、
ナチスのUFOや地底人に捕まっていた母を救出……みたいな話の展開だと思う。うそ

『ゆるキャン△ - 京極 義昭』
何も考えずぼうっと観れる。
『宇宙よりも遠い場所』の四人が南極訓練してると連想。
(キャンプから)一人仲間外れにされた恵那は、
『宇宙よりも遠い場所』の高橋めぐみのように影で嫌がらせをするのであった……。うそ
なでしこは転入したクラスに友達がいるのか(クラスで浮いていないか)心配になる。
周りが山に囲まれた長野に住んでいる私からすると、
わざわざキャンプに行く気がしない。

『りゅうおうのおしごと! - 柳 伸亮』
なぜか観る。将棋のアニメ(や漫画や小説)はけっこうあっていいなぁ。
私の好きな囲碁のアニメ(や漫画や小説)はあまりないので……。
全体的にキャラの年齢を五~十歳くらい上げて、キャラデザを大人っぽくして、
対局がもっと熱かったら良いと思うけど、
それだとアニオタは観ないな……。
竜王がロリコンのハーレムアニメってのを許す将棋界の懐の深さ。

『ポプテピピック』
ちょっと面白いけどクソアニメ。
昔流行ったヘタウマやシュールな漫画系だな。

『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION - 池添 隆博』
第1話だけ観たんすが、前向き(ポジティブ)なエヴァンゲリオンだったっす。
サンライズの勇者シリーズみたいな感じ。
ユーチューバーが普通の時代なんだな。

『刻刻 - 大橋 誉志光』と『citrus - 高橋 丈夫』も第1話だけ観たんすが語ることなし。
『刻刻』は、梅津泰臣がもっと関わっていれば、
『citrus』は、『おにいさまへ…』『少女革命ウテナ』『マリア様がみてる』
みたいなアニメなら続きを観たくなるんすが……。

『宇宙よりも遠い場所』『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は最後まで観るけど、
あとはフェードアウトかな。


ドラマ『アンナチュラル』第4話で、
過去に中堂系(井浦新)が恋人の遺体を解剖する場面があったんすが、
『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史 - 石井 輝男』
のオープニングで妻の死体を検視解剖した夫が、
遺体の性器から他人の精子を見つけ女性不信になる場面を連想したっす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック