好きなもの目録 その289 ソウル・ボサ・ノヴァ

「好きなもの目録」は、
私が大好きなモノを上から順番にメモするってのより、
テレビやラジオやネットなんかで目や耳にした気になるモノをメモする備忘録
(大好きなモノのことを書くのは時間がかかり面倒くさいけど、
気になるモノを忘れないようにメモするのは楽)
って感じになっちゃってるんすが、
ラジオからクインシー・ジョーンズの「ソウル・ボサ・ノヴァ」が流れてきて、
昔から色々なところで知らず知らずに耳にする定番の名曲を
あらためて凄い良い曲だなと思ったので目録に。


標題:クインシー・ジョーンズのソウル・ボサ・ノヴァ

分類:音楽>ジャズ>サンバ>ボサノヴァ

■題名:
BIG BAND BOSSA NOVA
ソウル・ボサ・ノヴァ

名前:
QUINCY JONES AND HIS ORCHESTRA
クインシー・ジョーンズ

発表年:1962年

製作国:アメリカ

評価:A ★★★★★以上

■曲目:
01. SOUL BOSSA NOVA
_____ソウル・ボサ・ノヴァ
02. BOOGIE BOSSA NOVA (BOOGIE STOP SHUFFLE)
_____ブギー・ボサ・ノヴァ (ブギー・ストップ・シャッフル)
03. DESAFINADO (SLIGHTLY OUT OF TUNE)
_____デサフィナード
04. MANHA DE CARNAVAL (MORNING OF THE CARNIVAL)
_____カーニヴァルの朝
05. SE E TARDE ME PARDOA (FORGIVE ME IF I'M LATE)
_____フォーギヴ・ミー・イフ・アイム・レイト
06. ON THE STREET WHERE YOU LIVE
_____オン・ザ・ストリート・ホエア・ユー・リヴ
07. SAMBA DE UNA NOTA SO (ONE NOTE SAMBA)
_____ワン・ノート・サンバ
08. LALO BOSSA NOVA
_____ラロ・ボサ・ノヴァ
09. SERENATA
_____セレナータ
10. CHEGA DE SAUDADE (NO MORE BLUES)
_____ノー・モア・ブルース

■雑記:
「ソウル・ボサ・ノヴァ」は、クイーカの音色が耳に付く。


分類:音楽>サントラ>ドラマ

■題名:
IRONSIDE
アイアンサイド (鬼警部アイアンサイドのテーマ)

名前:
QUINCY JONES
クインシー・ジョーンズ

録音年:1967年?

製作国:アメリカ

評価:A ★★★★★以上



クインシー・ジョーンズというと私は
マイケル・ジャクソンの『スリラー』などのプロデューサーってイメージが強いんですが、
性に興味を持ち始めた子供の頃、
『テレビ三面記事 ウィークエンダー』をエロい再現フィルム目当てに観てた時に
とてもインパクトのある効果音(BGM)として使われていたのが「アイアンサイド」。
「ソウル・ボサ・ノヴァ」もテレビやラジオなどでBGMに使われて耳にしていたけど
クインシー・ジョーンズの曲だって知ったのは、そーとー後だったかな。



若い(子供の)頃は、音楽(曲)ってのは歌の入ったポップなモノって認識だったので
クラシックやBGMには興味を示さなかったんですが、
プログレッシブ・ロックを聴くようになったくらいから、
(プログレのアーティストが関わっていたり、プログレと曲調が似ていたりするんで)
映画やドラマやアニメやゲームのサウンドトラック、ライブラリー・ミュージック、
アンビエント・ミュージック、ニューエイジ・ミュージック、ヒーリング・ミュージック、
クラシックや実験音楽や電子音楽や民族音楽などなどの歌の入ってない長い曲を聴くようになったっす。

――んで、
『アフター6ジャンクション』で俗流アンビエントミュージック特集をしていたので聴いたっす。
番組内で紹介された曲は、
「ビヨンド・ザ・カルチャー」コーナー最初の
「ストレスを無くし、あなたの心に栄養を与えましょう……」っていう『ほんとにあった!呪いのビデオ』の曲っぽいの(不明)。
以下、正統派アンビエントミュージック
『アンビエント1:ミュージック・フォー・エアポーツ - ブライアン・イーノ』の「1/1」
『サラウンド - 吉村 弘』の「サムシング・ブルー」
『FLORAL SHOPPE (フローラルの専門店) - MACINTOSH PLUS』の「リサフランク420/現代のコンピュー」
以下、俗流アンビエントミュージック
『MUSIC FOR SUPERMARKET - BEST MUSIC』の「サマークリアランスセール」
『瞑想 MEISOU - 宮下 富実夫』の「水織音 MIORINE: THE SOUND OF WATER WEAVING」
『ソフロロジー式分娩 - 松永 昭』の「イメージトレーニングのためのBGM」
『PSYCHIC ENTERTAINMENT SOUND - MR. MARIC WORLD』の「IMAGINATION -発光夢想-」
『アンビエント・リラクゼーション - ダイソー (作者不詳)』(の『VOL.1 ナチュラル・ハーモニクス』『VOL.2 ネイチャー・シンフォニー』のどの曲か不明)
以下、話題のみ
『アルファ波分析によるストレス解消の音楽 - 知的生活のために - VARIOUS ARTISTS』
『スタジオジブリのオルゴール(不明)』の「ルージュの伝言(『魔女の宅急便』)」など。

俗流っていうんで、
誰も知らないゴミみたいなアレなアンビエント・ミュージックを紹介するのかと思ったんすが、
ブライアン・イーノは当然として、吉村弘や宮下富実夫は有名なんで知ってたっす。
勘違いか思い違いだと思うけど、
『MUSIC FOR SUPERMARKET』『PSYCHIC ENTERTAINMENT SOUND』や
ダイソーのアンビエント・リラクゼーションCDなどは、
なんかのラジオ番組とかネットで紹介されたのを聴いたことがあるような、ないような……。
(同じ提唱者さんが曲を紹介したのかも?)

アンビエント繋がりっていうか、
「アトロク」のK2A2(血圧報告)のコーナーのBGMって
マニュエル・ゲッチングの『E2-E4』だと思うんすが、
K2A2とE2-E4で掛かっているのか?

「アトロク」には、Base Ball Bear の小出祐介さんがよく出演するんですが、
俗流アンビエントミュージック特集が出来るのなら、
Base Ball Bear の関根史織さんを呼んで
プログレ特集をしてほしい……無理だろうけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック